マンガ PR

狐の婿さまとわたしの夫婦契約はどこで読める?rawやzipで無料で読むのは危険?

Mirarで作成した「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」のオリジナルイメージ画像
当ページのコンテンツにはプロモーションが含まれています

瑞生そらによる「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」は、大正時代を舞台に、妖怪と人間の間で繰り広げられるミステリアスで感動的な物語です。

今回の記事では「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」がどこで読めるのか、どのサービスが一番お得に読めるのか、あらすじ、見どころなどをまとめました。

どこで読める?の結論

2024年06月02日時点で「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」はマンガBANGブックスで読むことが出来ます。

マンガBANGブックスでは初回利用時90%OFF全作品何冊でも40%還元もあるので、「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」をお得に楽しむことが出来ます。

狐の婿さまとわたしの夫婦契約はどこで読める?

狐の婿さまとわたしの夫婦契約
  • 狐の婿さまとわたしの夫婦契約が読める電子書籍サービスの徹底調査
  • 狐の婿さまとわたしの夫婦契約が読める漫画読み放題サイトの調査結果
  • 狐の婿さまとわたしの夫婦契約を全巻購入した場合の金額
  • 漫画バンクなどの違法・海賊サイトについて

狐の婿さまとわたしの夫婦契約が読める電子書籍サイト

2024年06月02日時点では「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」が読めるサービスは数多く存在していました。今回はその中でも特におすすめの3サービスに厳選しました。

配信サービス 配信状況 備考
ブックライブ
配信あり
今すぐ読む
割引金額上限無し
70%OFFクーポン!
マンガBANGブックス
配信あり
今すぐ読む
初回利用時90%OFF
全作品何冊でも40%還元
コミックシーモア
配信あり
今すぐ読む
初回1冊70%OFF

この中でも「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」を読むならマンガBANGブックスがおすすめです。

初回割引クーポンやポイント還元などを活用して一番お得に読むことが出来ます。

狐の婿さまとわたしの夫婦契約は読み放題対象のサービスにあるか

Mirarオリジナルのマンガ読み放題アイキャッチ画像1

読み放題サービスとして有名なサイトはいくつかありますが、今回は下記の2つのサービスで「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」が読み放題の対象となっているかを調査しました。

結果としてはどちらも読み放題の対象になっていませんでした。

狐の婿さまとわたしの夫婦契約を全巻購入したらいくらになる?

Mirarで作成した全巻購入したら総額いくらになる画像

「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」を全巻揃えた場合の合計金額を、定価価格での購入とマンガBANGブックスそれぞれで、全巻を購入した際の金額を比較してみました。

※価格は税込表記

定価 マンガBANGブックス
1巻 495円 50円
クーポン利用
2巻 594円 594円
216pt還元
3巻 594円 594円
216pt還元
合計金額 1,683円 1,238円
432pt還元

2024年06月02日時点で、「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」をマンガBANGブックスで全巻揃えると、合計1,238円になり、通常価格より445円もお得で、432ポイントも還元されます!

漫画バンクで読むのは危険!ロウ、pdfファイルで読むのは違法

Mirarオリジナルの注意喚起アイキャッチ画像1

「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」を全巻無料で読みたい方々が、検索エンジンで「漫画バンク」、「漫画村」そしてraw(ロウ)、rar、zipなどのキーワードで検索をしていることがあります。

これらのファイル形式を提供しているサイトは基本的に違法なサイトなので大きなリスクを伴います。

Mirarオリジナルの違法サイトを利用するリスクの画像1

違法サイトで読むリスク

  • ウイルス感染による個人情報の漏洩
  • 利用しているデバイスが暗号資産のマイニングに悪用される場合がある
  • 違法サイトはいずれ法的処置で罰せられていく

また、ご存知の方も多いかもしれませんが、漫画村や漫画バンクの様な目立った違法サイトはすでに法的処置が取られています。

上記のリスクなども踏まえて、今後は違法サイトやファイルにアクセスすることは控えて、合法的な手段で、安心した気持ちでコンテンツを楽しむことを強く推奨します。

=> マンガBANGブックスで合法的に「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」を楽しむ

狐の婿さまとわたしの夫婦契約はどこで読める?作品の基本情報

Mirarで作成した「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」のオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」のオリジナルイメージ画像
  • 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」の作者は瑞生そら
  • 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」の単行本・最新刊情報
  • 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」完結している?
  • 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」のあらすじ
  • 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」の見どころ
  • 読んだみんなの感想・レビュー
  • 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」はどこで読める?のまとめ

狐の婿さまとわたしの夫婦契約の作者は瑞生そら

X - 瑞生そら

狐の婿さまとわたしの夫婦契約の作者は瑞生そらです。

瑞生そら(みずき そら)は、『狐の婿さまとわたしの夫婦契約』の作者として知られる日本の小説家です。彼女の作品はファンタジーとロマンスの要素を巧みに融合させた物語が特徴で、異世界や神話的な要素が頻繁に登場し、それに現代の人間関係や感情が織り交ぜられています。

『狐の婿さまとわたしの夫婦契約』は、瑞生そらの代表作の一つで、狐の妖怪と人間の女性が夫婦として契約を結ぶことで始まる物語です。この物語は、契約結婚から始まる二人の関係の成長や、互いの理解と絆が深まっていく過程を描いており、瑞生そらの繊細な筆致と感情豊かな描写が多くの読者の共感を呼び、人気を博しています。

狐の婿さまとわたしの夫婦契約の単行本・最新刊情報

「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」は2024年3月1日に単行本の最新刊である第3巻が発売されました。

狐の婿さまとわたしの夫婦契約

狐の婿さまとわたしの夫婦契約は完結している?

「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」は2024年3月1日に第3巻が発売されましたが、2024年06月02日時点ではまだ完結していません。

狐の婿さまとわたしの夫婦契約のあらすじ ※ネタバレ注意

Mirarで作成した「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」のあらすじオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」のあらすじオリジナルイメージ画像

「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」の舞台は、妖怪や魑魅魍魎といった存在が人々の記憶から薄れつつある大正時代です。主人公のもみじは、家族をすべて失い、遠い親戚に引き取られてからは、召使いのようにこき使われる生活を送っていました。そんな彼女の元に突然現れたのは、与次郎という青年です。彼は、もみじにある驚くべき提案を持ちかけます。それは、自分の婿として迎え入れる代わりに大金を渡すというものでした。

もみじはその申し出を受け入れ、与次郎と共に新しい生活を始めます。しかし、与次郎はただの人間ではなく、実は狐の妖怪でした。数々の妖怪や不思議な出来事が二人を取り囲む中で、もみじは次第に与次郎の本当の目的や彼の過去に秘められた悲劇を知ることになります。与次郎は、自らの力を使ってもみじを様々な危険から守りつつ、彼女の抱える苦しみや悲しみにも寄り添います。やがて、二人の関係は単なる契約の枠を超えて深まっていきます。

もみじと与次郎は、お互いの信頼と絆を築き上げ、周囲の妖怪たちや人々との関わりを通じて、次第に自分たちの道を見つけていきます。そして、与次郎の過去に対する贖罪の思いがもたらす未来とはどのようなものなのか、もみじと共に新たな人生を切り開く過程が描かれます。この物語は、愛と信頼、確執と和解、そして互いに助け合うことの大切さを探る感動の物語です。

狐の婿さまとわたしの夫婦契約の見どころ ※ネタバレ注意

Mirarで作成した「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」の見どころオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」の見どころオリジナルイメージ画像

「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」の最大の魅力は、まず舞台設定の独自性にあります。大正時代という時代背景は、現代とは異なる文化や価値観を持ち、そこに妖怪という非現実的な要素が絡むことで一層物語に奥行きを与えています。作者瑞生そらの細やかな筆致によって描かれる風景や風俗は、まるでその時代を実際に体験しているかのような臨場感を読者に提供します。

また、キャラクターたちの魅力も見逃せません。天涯孤独で健気なもみじと、狐の妖怪でありながらも深い人情を持つ与次郎の対比が鮮明に描かれ、それぞれの成長や関係の変化が見どころです。もみじは初めは弱々しい存在ですが、物語が進むごとに強さを見せ、与次郎も彼女との触れ合いを通じて少しずつ人間らしさを取り戻していきます。

さらに、物語の中で交錯するさまざまな妖怪たちとのエピソードも興味深いです。それぞれが独自の背景や目的を持って登場し、もみじと与次郎の物語に厚みを加えています。これにより、ただのラブストーリーではなく、サスペンスやファンタジー要素も含んだ多層的な物語が展開されます。

そして、物語を通じて描かれるテーマも深い感慨を与えます。「愛とは何か」「信頼とは何か」「過去の罪をどう贖うのか」といった普遍的な問いが読者の心に響きます。また、人間と妖怪という一見交わることのない存在同士の絆が、読者に新たな視点を提供します。互いに違う存在だからこそ理解し合い、補完し合う姿に心温まるものを感じさせます。

狐の婿さまとわたしの夫婦契約を読んだみんなの評価・レビュー

na
na
一巻読了しました。
幸せになってほしいです。
都合の良い存在にならず優しい人は優しいところで笑っていてほしいです。
ponta
ponta
シンデレラストーリーの大正版。ほんと、ひどい親戚家族だったわぁ。クズすぎる!!主人公が健気で幸せになってほしいキャラ。

引用元:コミックシーモア

狐の婿さまとわたしの夫婦契約はどこで読める?のまとめ

記事のポイント
  1. 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」は、大正時代を舞台に妖怪と人間の間で繰り広げられる感動的な物語であり、その中で描かれる愛と信頼のテーマが深く心に響きます。
  2. 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」の作者は「瑞生そら」
  3. 出版社はGANMA!
  4. 電子書籍サービス各種で読む事が可能
  5. 「狐の婿さまとわたしの夫婦契約」をお得に読むならマンガBANGブックスがおすすめ!
狐の婿さまとわたしの夫婦契約
PR
見逃し配信バナー
error: テキストのコピーは出来ません