マンガ PR

1122はどこで読める?完結したこの作品をrawやzipなどで無料で読むのは危険!

Mirarで作成した「1122」の見どころオリジナルイメージ画像
当ページのコンテンツにはプロモーションが含まれています

「1122(いいふうふ)」は、渡辺ペコが描く結婚の嘘と真実に迫る革新的な漫画作品です。

今回の記事では「1122」がどこで読めるのか、どのサービスが一番お得に読めるのか、あらすじ、見どころなどをまとめました。

どこで読める?の結論

2024年06月02日時点で「1122」はブックライブで読むことが出来ます。

ブックライブでは期間限定で2巻までが無料で読めて、割引金額上限無し70%OFFクーポンもあるので、「1122」をお得に楽しむことが出来ます。

また2024年6月14日からは「1122」のドラマ版がAmazon Primeで独占配信されます。

1122はどこで読める?

1122
  • 1122が読める電子書籍サービスの徹底調査
  • 1122が読める漫画読み放題サイトの調査結果
  • 1122を全巻購入した場合の金額
  • 漫画バンクなどの違法・海賊サイトについて

1122が読める電子書籍サイト

2024年06月02日時点では「1122」が読めるサービスは数多く存在していました。今回はその中でも特におすすめの2サービスに厳選しました。

配信サービス 配信状況 備考
ブックライブ
配信あり
今すぐ読む
割引金額上限無し
70%OFFクーポン!
コミックシーモア
配信あり
今すぐ読む
初回1冊70%OFF

この中でも「1122」を読むならブックライブがおすすめです。

ブックライブもコミックシーモアも期間限定で2巻まで無料で読めますが、ブックライブの方が無料期間が長めに設定されています。

1122は読み放題対象のサービスにあるか

Mirarオリジナルのマンガ読み放題アイキャッチ画像1

読み放題サービスとして有名なサイトはいくつかありますが、今回は下記の2つのサービスで「1122」が読み放題の対象となっているかを調査しました。

結果としてはどちらも読み放題の対象になっていませんでした。

1122を全巻購入したらいくらになる?

Mirarで作成した全巻購入したら総額いくらになる画像

「1122」を全巻揃えた場合の合計金額を、定価価格での購入とブックライブそれぞれで、全巻を購入した際の金額を比較してみました。

※価格は税込表記

定価 ブックライブ
1巻 759円 期間限定
無料
2巻 759円 期間限定
無料
3巻 759円 228円
クーポン利用
4巻 759円 759円
5巻 759円 759円
6巻 759円 759円
7巻 759円 759円
合計金額 5,313円 3,264円

2024年06月02日時点で、「1122」をブックライブで全巻読むと、合計3,264円になり、通常価格より2,049円もお得です!

漫画バンクで読むのは危険!ロウ、pdfファイルで読むのは違法

Mirarオリジナルの注意喚起アイキャッチ画像1

「1122」を全巻無料で読みたい方々が、検索エンジンで「漫画バンク」、「漫画村」そしてraw(ロウ)、rar、zipなどのキーワードで検索をしていることがあります。

これらのファイル形式を提供しているサイトは基本的に違法なサイトなので大きなリスクを伴います。

Mirarオリジナルの違法サイトを利用するリスクの画像1

違法サイトで読むリスク

  • ウイルス感染による個人情報の漏洩
  • 利用しているデバイスが暗号資産のマイニングに悪用される場合がある
  • 違法サイトはいずれ法的処置で罰せられていく

また、ご存知の方も多いかもしれませんが、漫画村や漫画バンクの様な目立った違法サイトはすでに法的処置が取られています。

上記のリスクなども踏まえて、今後は違法サイトやファイルにアクセスすることは控えて、合法的な手段で、安心した気持ちでコンテンツを楽しむことを強く推奨します。

=> ブックライブで合法的に「1122」を楽しむ

1122はどこで読める?作品の基本情報

Mirarで作成した「1122」のオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「1122」のオリジナルイメージ画像
  • 「1122」の作者は渡辺ペコ
  • 「1122」の単行本・最新刊情報
  • 「1122」完結している?
  • 「1122」のドラマがAmazon Primeで独占配信
  • 「1122」のあらすじ
  • 「1122」の見どころ
  • 読んだみんなの感想・レビュー
  • 「1122」はどこで読める?のまとめ

1122の作者は渡辺ペコ

X - 1122公式アカウントX – 1122公式アカウント

1122の作者は渡辺ペコです。

渡辺ペコ(わたなべ ぺこ)は、日本の漫画家であり、数々の作品で知られています。彼女の作風はリアリティに富んだ人間ドラマや社会問題を描くことが特徴で、読み応えのあるストーリーテリングと深いキャラクター描写で多くの読者に支持されています。

『1122』は、渡辺ペコの代表作の一つであり、日本の漫画界で高く評価されています。この作品は、結婚生活における問題や葛藤をテーマにしており、リアルな夫婦関係を鋭く描いています。タイトルの『1122』は、「いい夫婦」にかけた言葉遊びであり、夫婦の絆や愛情を深く探求する内容となっています。物語は、主人公夫婦がオープンマリッジという新しい形の関係を試みる様子を描き、現代の結婚観や恋愛観に鋭く切り込んでいます。

渡辺ペコの他の作品としては、『ラブファントム』や『ペンギン☆ブラザーズ』などがあります。これらの作品でも、彼女の繊細なキャラクター描写と巧みなストーリーテリングが光っています。『ラブファントム』は、大人の恋愛を描いた作品であり、『ペンギン☆ブラザーズ』は、学園ドラマを舞台にした青春物語です。それぞれに異なる魅力があり、幅広い読者層に受け入れられています。

1122の単行本・最新刊情報

「1122」は2020年7月20日に単行本の最新刊である第7巻が発売されました。

1122

1122は完結している?

「1122」は2020年7月20日に発売された第7巻で完結しました。

「1122」のドラマがAmazon Primeで独占配信

2020年7月20日に漫画版が完結した「1122」ですが、ドラマ版が2024年6月14日からPrime Videoにて世界独占配信されます。

監督は今泉力哉が務め、脚本は今泉かおりが担当、そして主演は高畑充希と岡田将生で、現代の夫婦が直面する問題や葛藤を描いたリアルなラブストーリーを展開してくれます。

1122のあらすじ ※ネタバレ注意

Mirarで作成した「1122」のあらすじオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「1122」のあらすじオリジナルイメージ画像

「1122」は、結婚生活7年目を迎える相原一子と相原二也の夫婦にスポットライトを当てています。一子と二也は、見た目には仲睦まじい夫婦でありつつも、セックスレスという問題を抱えています。2人には子供もおらず、家庭の中での物足りなさを感じていました。そんな中、彼らが選択したのは「婚外恋愛許可制」、つまり、公認の不倫関係を許可するという特殊な形でした。

二也には、美月という公認の「恋人」が存在します。一子も美月の存在を認知しており、それを受け入れているかのように見えます。しかし、次第に二也が美月との関係に夢中になる姿を目の当たりにし、一子の心には複雑な感情が芽生え始めます。彼女もまた、自分だけの異性との関わりを探し始め、外の世界に目を向けるようになります。

一子が出会ったのは、高校生の厚久でした。彼との交流は、彼女の心を揺さぶり、新たな感情や欲望を引き出していきます。一方で、二也と美月の関係も複雑さを増し、3人の関係が次第に緊張感を帯びていくのです。

このような複雑な人間関係の中で、二也と一子の結婚生活は揺れ動きます。彼らが選んだ「婚外恋愛許可制」は、一見すると自由な関係性を保証するものでありながらも、実際には更なる問題を引き起こし、その解決には至らないことが浮き彫りにされていきます。果たして、二人にとって本当の幸せとは何なのか。結婚の形とは何か。この問いに向き合う彼らの姿勢が、読者を深く考えさせる物語となっています。

1122の見どころ ※ネタバレ注意

Mirarで作成した「1122」の見どころオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「1122」の見どころオリジナルイメージ画像

「1122」の最大の見どころは、結婚という制度に対する斬新な視点と、その複雑な心理描写にあります。まず、結婚生活7年目というリアリティのある背景設定により、読者はこの夫婦の姿を自分自身や周囲の人々に重ね合わせやすくなっています。特に、セックスレスや子供のいない夫婦というテーマは、現代の多くの夫婦が抱える問題の一つとして共感を呼びます。

一子と二也が選択した「婚外恋愛許可制」は、自由恋愛や不倫という一般的にタブー視されるテーマを正面から扱っています。この設定により、結婚に対する固定観念を崩し、新しい視点での結婚観を提示しているのが特徴です。一見、自由で理想的に見えるこの制度が、実際にはどれほど複雑で、感情的な摩擦を引き起こすのかが丁寧に描かれています。

また、この作品ではキャラクターそれぞれの心理描写が非常に緻密に描かれており、特に一子と二也の感情の揺れ動きや葛藤が見事に表現されています。一子が感じる孤独や不安、二也が抱く新たな恋への期待。そして、秘められた欲望が浮かび上がる瞬間。これらの要素は、読者の心に深い共感と考えさせる力を持っています。

美月や厚久といったサブキャラクターも物語を彩る重要な存在であり、彼らの関わり方が一子と二也の関係にどう影響を与えるかが非常に興味深いです。美月の存在が二也にとってどのような意味を持ち、また彼女自身が二也との関係をどう捉えているのか。また、厚久との出会いが一子の心にどのような変化をもたらすのか。これらのキャラクターの心理的な動きが、物語に奥深さを加えています。

「1122」は、結婚や恋愛といったテーマに対する新しい視点を読者に提供し、その多様性と現実の複雑さを描き出しています。結婚とは何か、夫婦の幸せとは何かという問いを投げかけるこの作品は、一度読み始めると目を離せなくなることでしょう。

1122を読んだみんなの評価・レビュー

あさ
あさ
後半からちっちゃないちこちゃんが出てきて、自分の本心に向き合ういちこ。色々あるけど、自分も強がらずに、素直になるべきところは素直にならないと…と思い、最後涙しました。
黄色い人
黄色い人
なんか良かった
泣けた
互いを想いあってるのは、前提にあって、すれ違って苦しんで
でも、良かった
自分に置き換えてみたりして
こんなにちゃんと生きることに真剣な2人をみて、思うところが沢山あった
丁寧に生きよう
marumaru
marumaru
最後まで読んで良かった。途中でやめなくてよかった。それにつきます。
夫婦という関係を改めて考えるきっかけになりました。
seed
seed
シリアスな内容だけど主人公にすごく好感が持てます。寂しいとか悲しいとか言いづらいけどある程度は言えてる素直さがいいなと思います。
やまざき 
やまざき 
最初は無料で読んでいましたが、続きが気になり最後まで購入。読んで良かった。人間の強さ、弱さ、優しさ儚さ、すべてが詰まってたけど押し付けがましくなくて読んでいて楽しかった。

まーちゃま
まーちゃま
凄く良い作品だった。大人買いしてしまった。夫婦を続けていくと、この感情がなんなのかわからなくなる時がある。その描写がとても上手いなと思った。
どの人の気持ちもわかる。登場人物の人達みんな苦しんで頑張って生きてる事が切なく描かれている。とにかくいい作品!!また最初からゆっくり読み返したい〜

引用元:コミックシーモア

1122はどこで読める?のまとめ

記事のポイント
  1. 「1122」は、結婚生活におけるリアルな問題と感情の葛藤を斬新な視点で描き出し、結婚に対する新たな考え方を提示する作品です。
  2. 「1122」の作者は「渡辺ペコ」
  3. 出版社は講談社
  4. 電子書籍サービス各種で読む事が可能
  5. 「1122」をお得に読むならブックライブがおすすめ!
1122
PR
見逃し配信バナー
error: テキストのコピーは出来ません