マンガ PR

私が見た未来の完全版はどこで読める?無料で読めるサービスを徹底調査!

Mirarで作成した「私が見た未来」のオリジナルイメージ画像
当ページのコンテンツにはプロモーションが含まれています

現実と奇妙に交差する予言の世界を描いた「私が見た未来」は、22年の時を経てその真価を改めて問う作品です。

今回の記事では「私が見た未来の完全版」がどこで読めるのか、どのサービスが一番お得に読めるのか、あらすじ、見どころなどをまとめました。

どこで読める?の結論

2024年06月04日時点で「私が見た未来 完全版」はブックライブで読むことが出来ます。

ブックライブでは割引金額上限無し70%OFFクーポンもあるので、「私が見た未来」をお得に楽しむことが出来ます。

私が見た未来 完全版はどこで読める?

私が見た未来
  • 私が見た未来が読める電子書籍サービスの徹底調査
  • 私が見た未来が読める漫画読み放題サイトの調査結果
  • 漫画バンクなどの違法・海賊サイトについて

私が見た未来 完全版が読める電子書籍サイト

2024年06月04日時点では「私が見た未来」が読めるサービスは数多く存在していました。今回はその中でも特におすすめの3サービスに厳選しました。

配信サービス 配信状況 備考
ブックライブ
配信あり
今すぐ読む
割引金額上限無し
70%OFFクーポン!
コミックシーモア
配信あり
今すぐ読む
初回1冊70%OFF
ebookjapan
配信あり
今すぐ読む
最大で6冊70%OFF

この中でも「私が見た未来」を読むならブックライブがおすすめです。

初回割引クーポンやポイント還元などを活用して一番お得に読むことが出来ます。

私が見た未来 完全版は読み放題対象のサービスにあるか

Mirarオリジナルのマンガ読み放題アイキャッチ画像1

読み放題サービスとして有名なサイトはいくつかありますが、今回は下記の2つのサービスで「私が見た未来」が読み放題の対象となっているかを調査しました。

結果としてはどちらも読み放題の対象になっていませんでした。

漫画バンクで読むのは危険!ロウ、pdfファイルで読むのは違法

Mirarオリジナルの注意喚起アイキャッチ画像1

「私が見た未来 完全版」を全巻無料で読みたい方々が、検索エンジンで「漫画バンク」、「漫画村」そしてraw(ロウ)、rar、zipなどのキーワードで検索をしていることがあります。

これらのファイル形式を提供しているサイトは基本的に違法なサイトなので大きなリスクを伴います。

Mirarオリジナルの違法サイトを利用するリスクの画像1

違法サイトで読むリスク

  • ウイルス感染による個人情報の漏洩
  • 利用しているデバイスが暗号資産のマイニングに悪用される場合がある
  • 違法サイトはいずれ法的処置で罰せられていく

また、ご存知の方も多いかもしれませんが、漫画村や漫画バンクの様な目立った違法サイトはすでに法的処置が取られています。

上記のリスクなども踏まえて、今後は違法サイトやファイルにアクセスすることは控えて、合法的な手段で、安心した気持ちでコンテンツを楽しむことを強く推奨します。

=> ブックライブで合法的に「私が見た未来 完全版」を楽しむ

私が見た未来 完全版はどこで読める?作品の基本情報

Mirarで作成した「私が見た未来」のオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「私が見た未来」のオリジナルイメージ画像
  • 「私が見た未来 完全版」の作者はたつき諒
  • 「私が見た未来 完全版」の単行本・最新刊情報
  • 「私が見た未来 完全版」完結している?
  • 「私が見た未来 完全版」のあらすじ
  • 「私が見た未来 完全版」の見どころ
  • 読んだみんなの感想・レビュー
  • 「私が見た未来 完全版」はどこで読める?のまとめ

私が見た未来 完全版の作者はたつき諒

「私が見た未来」の作者はたつき諒です。

「私が見た未来」の著者、たつき諒氏は、1990年代に活躍した日本の漫画家であり、その作品は予知夢をテーマにしたユニークな視点で知られます。彼は自らが体験した夢の内容を詳細に描き、その夢の中に潜む未来予知の要素を解き明かそうと試みています。

たつき諒氏の「夢日記」は、彼自らが見た夢を記録し、その夢が後に現実となる様子を追跡するためのもので、これが彼の漫画作品のベースとなっています。特に「私が見た未来」では、自身が経験した予知夢を中心に、読者に対して未来の出来事を警告する内容が描かれています。この夢日記は、彼にとって単なる創作のアイデア源を超えたものであり、実際の出来事とリンクすることで注目を集めました。

彼の予言が的中する例として、東日本大震災が挙げられます。この出来事を彼は1999年に刊行された「私が見た未来」の表紙において「2011年3月」という具体的な時期とともに予言していたことで話題となりました。たつき氏は、漫画家としてのキャリアから一時退きましたが、予知夢の真相を解明するための活動を続けており、彼の作品は時折再評価されることになります。

特に2025年7月に起こるとされる「本当の大災難」の警告は、その新たな予知夢を基にしたものです。たつき氏は、この警告を発するにあたり、その夢が持つ意味を解説し、読者に対して準備を促すことを目的としています。彼の作品には、夢の中で見た未来の出来事を描くだけでなく、読者に対してその背後にある意味を説明し、警戒心を持たせる要素が含まれています。

私が見た未来 完全版の単行本情報

「私が見た未来 完全版」は2021年10月2日に単行本が発売されました。

私が見た未来

私が見た未来 完全版は完結している?

「私が見た未来 完全版」は2021年10月2日に発売された第1巻で完結しています。

私が見た未来 完全版のあらすじ ※ネタバレ注意

Mirarで作成した「私が見た未来」のあらすじオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「私が見た未来」のあらすじオリジナルイメージ画像

「私が見た未来」は、たつき諒氏が自身の体験した予知夢とそれを基にした未来の出来事を描く漫画作品です。この作品は1999年に初めて刊行され、絶版となってからも多くの読者によって中古市場で高値がつけられてきました。その中心テーマは、著者が見た夢が未来の現実となるという内容です。

作品の構成は、いくつかの短編から成り、各話が著者の予知夢やそれに付随するエピソードを描いています。最も注目されるのは、「2011年3月に大災害が起こる」との表紙に記された予言。これは後に東日本大震災として現実のものとなり、たつき氏の予知夢の精度と重要性が改めて見直されました。

また、彼の夢の中に度々現れるのが、富士山の大噴火です。この夢は、執筆時においても現実には起こっていないが、彼自身が強くその可能性を感じている予知夢の一つです。そして、「2025年7月」という具体的な時期に関する新たな予言も最近の夢日記に登場し、その内容が本書で詳述されています。

さらに、特筆すべきは彼の予知夢が単なる一時的な閃きではなく、彼の日常に深く根ざしている点です。たつき氏は自らの夢を詳細かつ継続的に記録し続け、そこから未来の出来事を予測する方法を講じてきました。その結果、多くの夢が現実となり、彼の予知夢に対する信憑性が増しているのです。

様々なエピソードを通じて、たつき氏は夢の中で見た未来の出来事を語り、それが現実にどのように影響を及ぼすかを読者に示しています。彼の予知夢に対するアプローチは、単に夢を記録するだけでなく、その夢の意味を理解しようとする努力が伺えます。本書では、その詳細なプロセスとともに、夢がいかにして未来の鍵となるかが描かれています。

私が見た未来 完全版の見どころ ※ネタバレ注意

Mirarで作成した「私が見た未来」の見どころオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「私が見た未来」の見どころオリジナルイメージ画像

「私が見た未来」の見どころは、その予言の正確性や真実味のある描写にあります。たつき諒氏が描く夢の世界は、単に空想やフィクションの域を超え、読者に対して現実の未来を見せる可能性を秘めています。

まず、作品が注目された一つの大きな要因として、1999年の初版刊行時に「2011年3月に大災害が起こる」という具体的な予言が現実となったことが挙げられます。この東日本大震災の予言は、多くの読者に衝撃を与え、作品の信憑性を高めました。

次に、予言の中で描かれる富士山の大噴火の夢です。これはまだ現実には起こっていないものの、その夢が持つ迫力と詳細さにより、読者に強い印象を与えています。将来的には、この予言が現実になる可能性もあり、読者は常に緊張感を持って作品を読み進めることになります。

また、新たな警告として登場する「2025年7月に起こる本当の大災難」の予言部分も見逃せません。この予言は、たつき氏が最新の予知夢を基に警告を発しているもので、読者に対して強い警戒心を呼び起こします。彼の予言がこれまでに的中していることを踏まえると、これも単なる空想では済まされない重要なメッセージといえます。

さらに、作品にはたつき氏自身の日常生活や転機となった出来事が描かれています。彼が夢日記を書き始めた背景や、インド旅行が彼の人生にどのような影響を与えたかといったエピソードが、その後の予知夢や漫画作品に反映されています。これにより、読者はたつき氏の人間性や内面を深く理解することができ、作品への親近感を増すことができます。

作品全体のトーンは、ミステリーと超自然的な要素が融合し、読者を引き込む魅力を持っています。予知夢というテーマを扱いながらも、その背後にある現実の出来事や社会現象についても考えさせられる作品です。この点で「私が見た未来」は、単なるエンターテインメントを超えた深い意味を持つ作品と言えるでしょう。

私が見た未来 完全版を読んだみんなの評価・レビュー

キャンティ
キャンティ
以前 職場の仲間から、この本を教えてもらったことがありました。
その時は、忙しくて、サラッとしか見てなかったのですが、今回 こちらで ゆっくり見ることが出来て、
内容の深さに驚いてます。

意識を持って生活することの大切さ。
身に沁みて 感じました。

青緑葉
青緑葉
読んでいて損はない感じで日頃からの注意とかちょっと考え直していかないといけないなぁと感じる本でした。ありがとうございました。
tk
tk
予知能力が素晴らしいのはわかりますが。この予言によって人生の選択肢を誤った方向に行かれる方もいらっしゃるのでかなりセンシティブな内容だと思う…
木内鶴彦さんと言う何度も心肺停止をした方がおりますが2025年は、特に災難は起こらないと言っております。この方は、魂が体内から離脱して遠い未来や、過去を自由に見てきた天文学者です。確かにフィリピンプレートは、極限状態で有りますが、ファティマ第三の予言では、2025年の後第2年後に三次世界対戦が起こること言ってます。死んだ人が羨ましいと思うような時代になるのです。マリア様は、氷河期に勝る災害だと言っておられたそうです。私は、もうこんな金持ちだけが得する人類は滅亡した方が良いと思っております。アヌンナキと言う最初に人類に近い猿人にDNA操作してこの世に現在の人間を使ったと都市伝説界隈で言われておりますが、アルテミス計画は、金持ち特有の権威的な欲です。全ての人間が平和で平等に暮らせる未来は、この世を一度リセットしないと無理だと思います。宗教関連で争いをしている人間から、セレブ呼ばれる人間を全て排除しなくてはならないと思います。ノアの方舟は、余計な事をしてくれました。人類を全て消さないと地球環境は腐ってしまいます。アルテミス計画で日本人の採用が認められましたがアポロ17号で行った方が宇宙人にもうくるな!と言われています。日本人が選ばれたのは、犠牲者にする為です。太古のシュメール文明に知恵をかしたアヌンナキは、この度の人類誕生を失敗と認めるべきです。古代核戦争もそうですが、もはや、人類は、やってはいけない間違えを起こしております。原爆を使用した事です。そして、クローンをDNA操作で作り上げた事です。この世は、素粒子で出来ております。人体も細かく分析すれば素粒子の塊です。魂が人体からの離れた時、煙となり、全て灰になり素粒子になります。それが宇宙の空間に飛んで行きます。この世はアラーの神もキリストも過去の存在、進化したのは、科学で有り、人間の心がついていってない状態でアルテミス計画など馬鹿げています。アポロ17号の乗組員は、宇宙人から、邪魔しに来ないでくれと言われているはずなのに何故また、行くのか理解できません。マツハ100で落ちてくる隕石を破壊する技術は、世界に有りません。金持ちや、軍事産業が稼げるシステムに協力する岸田は、防衛費を増やした。
bluemoon
bluemoon
予知夢を見るのは、心構えのため、起きることに準備しダメージを軽減するため、それを漫画にし伝えることで、
読んだ読者がその未来に対して準備することを願う、
という思いで描かれたことがよく分かりました。

きっちり、受け止めました。活かします。ありがとうございます。

usagi
usagi
作者さんも、いろいろ悲しい体験が多い魂の記憶が、いろいろな悲しいものを引き寄せたのかなっと感じました。
私も不安や悲しい体験がありました。未だに完全に前を向いているのかわからない日々が過ぎています、それでかどうかはわからないですが、不安や悩みが多い時にこの本をネットで知りました。
予知夢については、これは後付け解釈かともありました。みた日が関係してるところが運命的でした。予知なのか、既に運命が決まってるのを覗くことができたのか、謎ですが、2025年に何かなければよいです。身軽に高い場所に避難できる体力、準備とか、しないよりしたほうが安心できるならしたほうがよいかとおもいました。避難といっても、海抜低い土地は離れるべきなのか、どうしたらよいのかな。デュアルライフって。高い海抜の土地に避難できる場所が確保できたらよいのかなとも思いました。日本全国どこが安全なのかなと。とりとめない思いが続きます。明るい未来があると作者が書いています。明るい未来を信じます。悲劇のヒロイン世代のドラマや映画、漫画に洗脳された世代のわれわれでも、本当は悲劇は望んでいないはずです。魂は、幸せしか望めないので、幸せにしかなれないと思いました。
ミニー
ミニー
気になっていたので見ました。備えることが大事だと思います。
私も霊視できるような方に会って守護霊や前世みてもらいたいです。

引用元:コミックシーモア

私が見た未来 完全版はどこで読める?のまとめ

記事のポイント
  1. 「私が見た未来 完全版」は、現実と夢が交差する世界を描き、読者に対して未来への警鐘を鳴らす驚異的な作品です。
  2. 「私が見た未来 完全版」の作者は「たつき諒」
  3. 出版社は飛鳥新社
  4. 電子書籍サービス各種で読む事が可能
  5. 「私が見た未来 完全版」をお得に読むならブックライブがおすすめ!
私が見た未来
PR
見逃し配信バナー
error: テキストのコピーは出来ません