マンガ PR

ゴーストライターとその弟子はどこで読める?無料で読めるサービスを徹底調査!

Mirarで作成した「ゴーストライターとその弟子」のオリジナルイメージ画像
当ページのコンテンツにはプロモーションが含まれています

世にも奇妙な怪異譚と、不浄の魂を浄化する異能者の物語「ゴーストライターとその弟子」は、読者を神秘的な夜の世界へと引き込みます。

今回の記事では「ゴーストライターとその弟子」がどこで読めるのか、どのサービスが一番お得に読めるのか、あらすじ、見どころなどをまとめました。

どこで読める?の結論

2024年06月01日時点で「ゴーストライターとその弟子」はブックライブで読むことが出来ます。

ブックライブでは期間限定で4話までが無料で読めて、割引金額上限無し70%OFFクーポンもあるので、「ゴーストライターとその弟子」をお得に楽しむことが出来ます。

ゴーストライターとその弟子はどこで読める?

ゴーストライターとその弟子
  • ゴーストライターとその弟子が読める電子書籍サービスの徹底調査
  • ゴーストライターとその弟子が読める漫画読み放題サイトの調査結果
  • 漫画バンクなどの違法・海賊サイトについて

ゴーストライターとその弟子が読める電子書籍サイト

2024年06月01日時点では「ゴーストライターとその弟子」が読めるサービスは限られており、ブックライブで読むことが出来ます。

配信サービス 配信状況 備考
ブックライブ
配信あり
今すぐ読む
割引金額上限無し
70%OFFクーポン!

この中でも「ゴーストライターとその弟子」を読むならブックライブがおすすめです。

初回割引クーポンやポイント還元などを活用して一番お得に読むことが出来ます。

ゴーストライターとその弟子は読み放題対象のサービスにあるか

Mirarオリジナルのマンガ読み放題アイキャッチ画像1

読み放題サービスとして有名なサイトはいくつかありますが、今回は下記の2つのサービスで「ゴーストライターとその弟子」が読み放題の対象となっているかを調査しました。

結果としてはどちらも読み放題の対象になっていませんでした。

漫画バンクで読むのは危険!ロウ、pdfファイルで読むのは違法

Mirarオリジナルの注意喚起アイキャッチ画像1

「ゴーストライターとその弟子」を全巻無料で読みたい方々が、検索エンジンで「漫画バンク」、「漫画村」そしてraw(ロウ)、rar、zipなどのキーワードで検索をしていることがあります。

これらのファイル形式を提供しているサイトは基本的に違法なサイトなので大きなリスクを伴います。

Mirarオリジナルの違法サイトを利用するリスクの画像1

違法サイトで読むリスク

  • ウイルス感染による個人情報の漏洩
  • 利用しているデバイスが暗号資産のマイニングに悪用される場合がある
  • 違法サイトはいずれ法的処置で罰せられていく

また、ご存知の方も多いかもしれませんが、漫画村や漫画バンクの様な目立った違法サイトはすでに法的処置が取られています。

上記のリスクなども踏まえて、今後は違法サイトやファイルにアクセスすることは控えて、合法的な手段で、安心した気持ちでコンテンツを楽しむことを強く推奨します。

=> ブックライブで合法的に「ゴーストライターとその弟子」を楽しむ

ゴーストライターとその弟子はどこで読める?作品の基本情報

Mirarで作成した「ゴーストライターとその弟子」のオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「ゴーストライターとその弟子」のオリジナルイメージ画像
  • 「ゴーストライターとその弟子」の作者は奥瀬サキ
  • 「ゴーストライターとその弟子」の単行本・最新刊情報
  • 「ゴーストライターとその弟子」完結している?
  • 「ゴーストライターとその弟子」のあらすじ
  • 「ゴーストライターとその弟子」の見どころ
  • 読んだみんなの感想・レビュー
  • 「ゴーストライターとその弟子」はどこで読める?のまとめ

ゴーストライターとその弟子の作者は奥瀬サキ

X - 奥瀬サキ

ゴーストライターとその弟子の作者は奥瀬サキです。

奥瀬サキ(おくせ さき)は、日本の漫画家および小説家として知られています。彼女は多彩なジャンルで作品を手がけており、特にミステリーやサスペンス、ホラーの分野で高い評価を得ています。

「ゴーストライターとその弟子」は彼女の代表作の一つで、この作品は複雑な人間関係と緻密なプロットが特徴です。物語は、ゴーストライターとして働く主人公と、その弟子との間で展開されるミステリアスな事件を中心に進行します。緊張感あふれるストーリー展開や、予測不可能な展開が読者を引き込みます。

奥瀬サキの作品は、緻密なキャラクター描写と、ストーリーの中に織り込まれた深いテーマ性が特徴です。彼女は、人間の内面や社会の暗部に鋭く切り込む作風で、多くの読者に強い印象を与えています。

また、彼女の作品はビジュアル的にも魅力的で、細部までこだわった作画が物語の雰囲気を一層引き立てています。奥瀬サキは、読者に対して常に新しい驚きと感動を提供し続けており、今後も多くのファンを魅了していくことでしょう。

ゴーストライターとその弟子の単行本・最新刊情報

「ゴーストライターとその弟子」は2024年05月31日に単行本の最新刊である第29巻が発売されました。

ゴーストライターとその弟子

ゴーストライターとその弟子は完結している?

「ゴーストライターとその弟子」は2024年05月31日に第29巻が発売されましたが、2024年06月01日時点ではまだ完結していません。

ゴーストライターとその弟子のあらすじ ※ネタバレ注意

Mirarで作成した「ゴーストライターとその弟子」のあらすじオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「ゴーストライターとその弟子」のあらすじオリジナルイメージ画像

物語の主人公、鳥居狭は地方から大学受験のために上京したものの、思わぬ挫折により予備校を辞め、ネットカフェを渡り歩く生活を送っています。ある夜勤明け、疲れ果てた狭は公園で寝ている間に、昏い湖の水面に浮かぶ女の水死体を見るという悪夢を体験します。この悪夢は彼にとって単なる夢ではなく、母の形見である木製の人形「おしら様」が現れる時、それは不吉な出来事が起こる予兆であると知っていました。

狭は悪夢から目を覚まし、公園を後にして食事と睡眠を求めて「寄席」に立ち寄ります。そこで語られていた怪談話は、狭の悪夢と奇妙に一致するものでした。その瞬間、水が滴る音が背後から聞こえ、彼の背後には女の幽霊が現れます。幽霊は「○○さんじゃない」と呟き、消えてしまいます。衝撃を受けた狭は、その怪談を語ったベテラン噺家、普光院透里に弟子入りを志願しますが、断られてしまいます。

そこで現れたのが、透里から紹介されたゴーストライター、石神井包です。石神井は狭に「君、幽霊が見えるでしょう?」と問いかけ、二人は手を組むことになります。石神井包は怪談作家でありながら、実際に怪異を解放する能力も持つ異能者。しかし彼が怪異と向き合う理由は、その背後にある深い哀しみや報われない魂を浄化することにあります。

鳥居狭は石神井の弟子として、様々な怪異に立ち向かいながら、その裏に隠された真実と人間の悲哀を知ることになります。果たして、彼らは報われぬ魂を浄化し、平穏を取り戻すことができるのでしょうか。

ゴーストライターとその弟子の見どころ ※ネタバレ注意

Mirarで作成した「ゴーストライターとその弟子」の見どころオリジナルイメージ画像Mirarで作成した「ゴーストライターとその弟子」の見どころオリジナルイメージ画像

「ゴーストライターとその弟子」の最大の見どころは、なんといってもその特異な怪異解放のプロセスと、主人公たちの心の成長です。鳥居狭と石神井包の二人が共に怪異と対峙する姿は、時には緊張感溢れるホラー要素を含みながらも、彼らが解決に向かう道筋を見逃せません。

まず、怪異の描写そのものが精巧で魅力的です。一つ一つの怪談には独自の背景があり、それが物語を進行しながら明らかにされます。怪談の背後にある人間の感情や過去の出来事が解き明かされる過程は、ただのホラー作品を超えた深い人間ドラマを描き出しています。

さらに、石神井包というキャラクターの存在感も大きな魅力です。彼の異能や冷静沈着な態度は、鳥居狭にとって尊敬の対象であり、同時に彼が抱える深い哀しみや使命感も読者に強い印象を与えます。包の哀しみを知ることで、狭もまた自分自身を見つめ直し成長していく姿が描かれています。

鳥居狭のキャラクター成長も見逃せません。初めは自分の能力に驚き戸惑うばかりだった彼が、次第に怪異に立ち向かう勇気を持ち、報われぬ魂たちの痛みを理解し始めます。この成長過程は読者に共感を呼び起こし、物語に対する感情的な引力を強めます。

また、物語の中で挿入される「おしら様」の存在も特筆すべきポイントです。母親の形見であるこの人形は、単なるお守り以上の役割を果たし、狭が困難に直面する度に彼を助け導きます。この不思議な存在が持つ象徴的な意味合いもまた物語を深めています。

総じて、「ゴーストライターとその弟子」は単なる怪異解放の物語にとどまらず、人間の心の奥に潜む悲哀や葛藤に真摯に向き合う感動的な作品となっています。

ゴーストライターとその弟子を読んだみんなの評価・レビュー

匿名
匿名
思ってたのと違うけど楽しみな展開
killer905xyz
killer905xyz
ストーリーがすごく面白かった。心霊好きとかホラー好きの方を楽しめる作品だと思う。一冊があっという間に終わる作品でした。
ビニール傘
ビニール傘
面白いと思いました!寄席をネタとして入れてくる漫画は初めて見たし、またゴーストライターに本物のゴーストをかけているのはありそうでなかった気がします。お化けシーンもしっかり怖いです。
匿名
匿名
科学の発展したはずの現代社会で起きる怪異。人の心というものはいつの世でも超常の存在を認識し、そして脅かされてしまうのかもしれない。何が現実なのかという問いはナンセンスだ。主観の数だけ現実は存在している。

引用元:ブックライブ

ゴーストライターとその弟子はどこで読める?のまとめ

記事のポイント
  1. 「ゴーストライターとその弟子」は、異能の怪談作家とその弟子が報われぬ魂を浄化しながら成長する、深い人間ドラマです。
  2. 「ゴーストライターとその弟子」の作者は「奥瀬サキ」
  3. 出版社はライブコミックス
  4. 「ゴーストライターとその弟子」をお得に読むならブックライブがおすすめ!
ゴーストライターとその弟子
PR
見逃し配信バナー
error: テキストのコピーは出来ません